CATEGORY 間琴しや架

巨乳エロ漫画 寝トラセジゴク。〜スマホの向こうでアナル処女を喪失した僕の愛妻〜

※この作品は『ハジメテノ、寝トラセ〜ハマりゆく妻・止まれない夫〜』

の続編になりますが、単体でも十分お楽しみいただけます。

「私が高木さんに抱かれに行くのは、大好きなあなたのためだからね」

そう言い残し、愛妻の優子(31)は部屋を出て行った。
夫である陸のゆがんだ寝取らせ願望をかなえるために。
これから優子は、陸の会社の後輩・高木との五回目の逢瀬だ。
しかも、一泊で。
陸はわかっている。
優子が、テクニシャンでデカマラの高木との情事にハマっていることに。
それでも陸は止めることはできない…むしろ、けしかけてしまう業の深さ。
今回は音声をつなぎっぱなしにして、
二人の激しいセックスを妄想し、陸は一日中オナニーにふける…。
劣ったオスのねじれた愉悦と、脳が破壊されそうな嫉妬とのはざまで。

天国と地獄は、いつだって隣り合わせ。

やがてビデオ通話に切り替わった映像の中、
優子は指輪を外し、アナルの処女を高木に…

戻れない夫婦が向かう先にあるものは――。

モノクロコミック、66ページです。

巨乳エロ漫画 性欲モンスターの義姉にロックオンされた僕

大学生になって初めてのデート。
その余韻も冷めやらぬ夕暮れの帰り道、メールが届いた。

「今からお願いしていいかな?」

兄の嫁――義姉の優美からのメール。

脅されているから、僕に拒否権はない。
複雑な気持ちを抱えて、僕は今日もまた兄のマンションへ向かう。

義姉は夫婦のセックスレスで行き場のない性欲を、僕のカラダで解消しようというのだ。
義姉の性欲はとどまることを知らない。まさに性欲モンスター。

昼間のデートとは真逆の背徳的な数時間。
兄が仕事から戻るまで、今日も僕は耐え抜くことができるだろうか。
……一体何度…射精しないといけないんだろう……。

オールカラーコミック、表紙含め40ページ。

巨乳エロ漫画 熟母と二人で、ラブホテル。〜母と息子…密室で過ごす禁断の一夜〜

大学生の一人息子・太一(20)が学校から帰宅すると、
母(42)がリビングで一人、ひどく落ち込んでいた。

「見てよ、このスーツから出てきたポイントカード…!
あの人…父さん…風俗通いしてたの!!…浮気よ!裏切りよっ!!」

そのまま太一は傷心の母に連れられ、やけ酒につきあうはめに。
夜の街。居酒屋で、精一杯慰める太一。
だが、したたかに酔っぱらった母は、
「今日は家に帰りたくない、どこかに泊まっていこう」と言い出す。

(こんな場末の飲み屋街に都合よくビジネスホテルなんて…)

「あるじゃん、ほら、あそこの角!」
母が指さした先。そこには煌びやかで毒々しい照明に照らされたラブホテルが…!

(いや、あれは親子で入る場所じゃ…)

「いーじゃない別に、寝るだけなんだから!」
酔った母の勢いに押されて、やむなく入ってしまった部屋。
そこには…。
一つだけのベッド、ガラス張りの風呂、枕元のコンドーム、性具の販売機。

そう。ここは男と女がセックスをするための場所。
二人きりの密室に気まずさが流れ、
やがて太一は母親に女を意識しはじめて――。

モノクロコミック、58ページです。