CATEGORY 歳の差

巨乳エロ漫画 B級漫画12 一族のしきたり 1夜目

■あらすじ
「白眼」と呼ばれる特殊な力を持つ一族には、
その力を絶やさぬように、代々行われてきた「しきたり」があった。

それは「白眼」の力を持つ本家の娘が
婚姻後、夫の家系の子を成した後は
一族のための子を作る儀式を行うというものだった。

月に3日、最も子を成しやすい日に一族の用意した「受精屋敷」に入り
同じ一族の分家である男とまぐわい「受精の儀」を行う。

その日、分家の●●は、心を躍らせながらその受精屋敷にやってきた。
憧れの女性とそのしきたりを行える日がやって来たのである。

本家の娘は慣れたようにその●●を自分の中に導き
そのまま儀式を開始する。

●●は、その若い猛りを娘にぶつけ
娘もまたその熱に当てられているようだった。

儀式は、何事もなく行われていくと思われたが・・・

その儀式を影で覗き見る男の影が存在したのだった。

■注意事項
本作品は、竿役が「●●●」、「汚いオヤジ」と少し特殊なものとなります。
少しですが、NTRぽくも見えますので
そう言ったものに耐性の無い方は、ご購入をお控えください。

■作者
b-kyu(Twitter:@Bkyusite)

■詳細
————————————————
ページ数 本編63ページ
解像度 2839×4000
ファイル形式 png,pdf
————————————————

巨乳エロ漫画 青チェの姪と

主人公が実の姪とラブラブセックスするオールカラー純愛コミック54ページです。

まずは体験版17ページからご覧ください。

——-

マッチングアプリでの待ち合わせ。待っていたのは…実の姪!?

「やっぱり、おじさんだ♪」

モテない自分をからかってくる、可愛い青チェックの制服を着た姪。

学校で一番モテる小悪魔的な美少女が、急に真剣な顔で告白してきて…。

「私――今日、おじさんに抱かれる気で来たよ」

姪の本気の視線に、心を射抜かれてしまう。

入ったラブホテルでも、からかいの中に緊張と不安が見え隠れする。

「へへ…すっごいエッチなことしてるね、私たち?」

踏み込んではいけない、禁断の関係。

だけど、その先に行かずにはいられない。

小悪魔で美しい姪との初めてのセックス――。

※Novel AIで出力した画像をコマ割り・加工・加筆してセリフを加えています。

おまけとして、セリフ・擬音なし差分つき。(54ページ分には含まれません)

——————-
登場人物

マモル:主人公。モテないサラリーマン。

姪のアオイのことはずっと大切に見守ってきた。

アオイ:主人公の姪。青チェックの制服を着たショートカットの巨乳●●。

いつも小悪魔的な笑顔を浮かべてからかってくるが、主人公のことが大好き。

——————————————————————

【収録内容】
◆全編フルカラーコミック54ページ
◆セリフ・擬音無しバージョン同梱(54ページ分には含まれません)
◆縦長 1740×2400px、png形式。 PDF版同梱

サークル :青チェ大好き

※本作はNovel AI作られた絵を元に加工、コマ割り、テキストなどを追加し制作されています。