CATEGORY 桃色ガール

巨乳エロ漫画 野球ガールのアヤノははじめてのクセに超絶ドスケベエッチだった

童貞男子がカワイくて才色兼備でスポーツ万能で巨乳でエロい幼馴染とクラブ活動の合間にとあることがキッカケでお互い初エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

緑に輝くグラウンドが生えるその日
真昼だった

’それは起こった’

丸坊主でチビメガネの見るからに頼りなく
超絶モテない童貞男子の『リョウタ』は
ある思いの中野球の練習をしていた…

その’想い’とは同じ野球部員の『アヤノ』だ

透明感あふれる健康ガールだ

超絶カワイく巨乳でエロく
さらには勉強もできてスポーツもできて
完璧という言葉がふさわしいとびっきりのガールだ!

学園でみんなにモテまくっている最強のガールだ

リョウタもそのうちの一人だ

しかしリョウタは
そんなアヤノとは昔からの幼馴染で
その頃からずっと片思いだ

リョウタは’幼馴染’という利点を生かし
以前からずっと常に告白をしていたのだ

いやむしろ、年頃になってからは
多感な彼にとってアヤノのエロい体に超反応しているのも事実だ
バツグンにエロくなってしまったアヤノと
単純に’ヤリたくて’仕方がなかった、、、

『アヤノ好きだ~!!』

そしてその日は強くアヤノに告白をした

アヤノの体に抱き着きますでエッチをするかのように
襲い掛かったのだった

『ちょっと離しなよ』

『みんにこんなのバレたらレギュラー落ちじゃん』

と一瞬であっけなくあしらわれる

だが

その日のリョウタは違っていた
いつもの想いや長年の内なる自分のコンプレックスを
アヤノに爆発させたのだった!

チビでモテない頼りないリョウタは
一生涯彼女なんてできるはずもなく
一生童貞男子として生きていかないきゃいけないと
人生を諦めていたのだった

それをアヤノにぶつけ
一度で言いからエッチをして童貞を捨てたいと
’こんなオレに光をくれ’と強い告白を繰り出したのだった

『リョウタ…アンタ…』

あまりの熱量に驚くアヤノだったが
リョウタとは幼馴染だが男としてはいまいちな印象を持っているも
彼に対して事時ばかりは
少しの同情が芽生えてしまった、、、

二人の空気が止まった

そして間をおいてゆっくりとアヤノは動いた…

リョウタのビンビンに勃起したチ○ポを
そっと取り出し
手でシコシコをしごき
ぬちゃああああ…っと
フェラをしたのだった

『んあああッ…!アヤノ…』

驚くリョウタだった

当然だ

あのアヤノが自分のチ○ポをしゃぶっているのだ
感激に値する絵面だった

『…私だってはじめてなんだからね』

アヤノもまた勉強にスポーツにまっすぐに
頑張ってきたピュアな学生ガールなのだ

恋愛などしたこともなく
無論エッチなどしたこともないのだ

’処女’なのだ

『あっあぁ…気持ちいいッ』

『アヤノ~!!』

アヤノのたどたどしい
フェラパイズリと徐々にドスケベはエスカレートし
そして念願の初めてのオ○ンコ挿入へ達成したのだった!

味わったことのないニュルニュルとザラザラが
入り混じった感触にただただ興奮と高揚が
リョウタを襲った

それはひとことに’最高’という思いだった

アヤノとオ○ンコをしているのだ!

『も…もういいでしょ』

『終わろ…?』

そんな事を言うアヤノに対して
リョウタの感情はそこでとどまるはずもなかった

天にも上る興奮とその興奮のままにエロい行動が止まらなかった

アヤノのはちきれんばかりのオッパイお尻
そしてアヤノの処女マ○コに
存分に己のチ○ポをねじ込み
あどけないセックスながらも
全力でオカしていくのだった!!

’部室で二人きりの初エッチだ’

正常位騎乗位バックと
ありとあらゆる体位でアヤノとヤリまくった

ネットでみるエロセックスを見様見真似で
一心不乱にトレースした

『アヤノいくぅぅぅぅッ!!』

やがて絶頂を迎え
童貞ボーイの彼に射精の制御など不能だった
ドクドクドクドク…と
アヤノの膣内へ禁断の中出しをしてしまう、、、

ハァ…ハァ、ハァ

おたがい放心状態

その空間はまさに
ヤったあとの動物的休息の静けさが残っていた。。。

しかし意外な事が起こっ…

あくる日もあくる日も

そんな二人には中にかのスイッチが
入ったかのように練習の合間を見ては
秘密のエッチを繰り返すのだった

『今日も…する?』

『お…おいアヤノッ!!』

セックスを知ってしまった
スポーツ万能のアヤノは
完全にメスの本能が芽生えてしまったのだ

’セックスのアスリートだ’

そして二人は今日も
密かにチ○ポマ○コを部室で
ハメくるう―。

○基本37p
○差分全ページ111p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。