CATEGORY 夏のヤリなおし

巨乳エロ漫画 夏のヤリなおし4


夏×田舎×隣家の美人母×汗だくセックス

誰もが一度は夢想し求めたであろう
最高の‘夏’をサークル‘水蓮の宿’が描き出す

幼馴染の母(元教師)xかつての教え子

▼あらすじ
照りつける太陽は肌を焼き
雲一つない青空はどこまでも高く
蝉の鳴き声があたり一面に響き渡っている

「今年は一段と暑くなりそうね」

昔は子育てに生活と
毎日が慌ただしくて大変だったけど
今じゃ夫も単身赴任中だし
二人の娘たちもすっかり大きくなって
手がかからなくなった

ゆるやかな空気
変わらない風景

まるで私だけ時間が
止まっているみたい…

そんな変化の乏しい日々を
送っていたある夏の日
あの子が帰って来て面倒を起こした

「数年ぶりかしら、啓君」

「は、はい先生…」

怒りを面(おもて)に出さないように
静かに問いただす

まったく図体は大きくなっても
中身は昔のままね

睨み返すと彼はばつが悪そうに
大きな体を縮める
その仕草に昔の面影を見つけた気がした
勉強が苦手だった彼
いつも私や水蓮に頼っていた

私の大事な娘に手を出して
婚約をめちゃくちゃにした憎たらしい子
さて…どうしてくれようかしら
問い詰めたいことが山ほどある

切れ長の黒い瞳をさらに細め思考を巡らす
つい最近まで教師だった私
目の前には昔の教え子

ある考えが脳裏によぎる

「水蓮と葵なら今出ていて
お昼まで帰って来ないの」

交錯する怨みと憧れ
暴かれる人妻の欲求
全てのタイミングが重なったとき

もう1つの夏がはじまる

◆制作◆
サークル「水蓮の宿」
漫画:浅川


最終アップデート
2023年3月6日

巨乳エロ漫画 夏のヤリなおし2

夏×田舎×離れ×美人姉妹×汗だくセックス

誰もが一度は夢想し求めたであろう
最高の‘夏’をサークル‘水蓮の宿’が描き出す

▼あらすじ

帰省するのすら面倒くさい
そんなド田舎へと久しぶりに帰ってきた啓人(けいと)

数年ぶりに再会するのは
たわわに育った隣家の美人姉妹

優しく包容力満点の姉「水蓮(すいれん)」

寡黙で聡明な妹「葵(あおい)」

真夏の炎天下
実家の片隅に半ば放置された『離れ』で
啓人と妹の葵は数年ぶりの想いを
ぶつけるかの如く激しいセックスを繰り返す

それを偶然目撃してしまう姉の水蓮

いけないと分かっていても
その光景に釘付けになってしまう
理性を振り絞りその場を後にする

水蓮「啓ちゃんと葵がエッチしてた…!」

二人の激しい交尾が
脳裏に焼き付き離れない

水蓮は胸の高鳴りを抑えきれず
自室に逃げ込むがその手は自然と下へと伸びていく…

その頃、離れの中では
葵が啓人にある頼み事をしていた

葵「姉さんを壊して」

唐突で意味不明なお願いに戸惑う啓人

葵の語る
水蓮の心情と
啓人の出した答えとは

幼き日、毎日のように笑い遊んだ離れに
今夜再び成長した男女三人が対面する

図体だけが取り柄の
平凡で奥手な啓人の想いは
水蓮には届かない

だが猛る雄は雌の抵抗をものともせず
貪り尽くそうとその剛腕を伸ばす

妹の目の前で抱かれ続ける姉
美しく、激しく、
真っ白な肌は汚され
離れに絶叫が響き渡る

ここからヤリなおすんだ…!

「ヤリ部屋」となった離れの室内に
積み重なるように染みついた
汗と愛液の匂いは三人をたぶらかし
男女のセックスから
雄と雌の交尾へと変えていく

◆制作◆
サークル「水蓮の宿」
漫画:浅川

◆収録内容◆
〇全94p「本編+あとがき他」
〇表紙イラストロゴ無し差分


さらに2022年に
『夏のヤリなおし盛夏-MidsummerEdition-(母娘日常濃厚H編)』(仮)
『夏のヤリなおし SideStory-8月32日編-』(仮)
を制作予定です

タイトルと内容は変更される可能性があります


進捗状況はTwitterと支援サイトで
随時更新予定です

お気に入り登録ならびに応援のほど
是非よろしくお願い致します

巨乳エロ漫画 夏のヤリなおし

夏×田舎×離れ×美人姉妹×汗だくセックス

誰もが一度は夢想し求めたであろう
最高の‘夏’をサークル‘水蓮の宿’が描き出す

▼あらすじ

帰省するのすら面倒くさい
そんなド田舎へと久しぶりに帰ってきた啓人(けいと)

数年ぶりに再会するのは
たわわに育った隣家の美人姉妹

優しく包容力満点の姉「水蓮(すいれん)」

寡黙で聡明な妹「葵(あおい)」

どぎまぎしながらも俺は再会を喜びつつ
昔三人でよく遊び勉強した
離れへと足を運ぶ

真夏の炎天下
蒸し暑い離れに入るとそこは俺が家を出てから
使われることもなくなり時間が止まっているかのようだった

懐かしんでいると
そこへ妹の「葵」がやってくる
小さかった葵も今では美しい女性へと成長していた

離れで俺と葵
再会を喜んでいたのも束の間
葵から衝撃的な事実を聞かされる

「水蓮姉さん婚約したんですよ」

この一言が俺の歯車を狂わせる
嫉妬と煽りと
大切な人を取りこぼした後悔が押し寄せる
それを見透かすかのように嗤う葵

無口で奥手で平凡に生きてきた啓人の
狂った歯車がけたたましく音を
立てて全壊転をはじめる……

幼き日、三人がたむろした離れは
男女が情欲を貪りあう‘ヤリ部屋’へと
変貌していく

夏をヤリなおすんだ……!!

◆制作◆
サークル「水蓮の宿」
漫画:浅川

◆収録内容◆
〇全84p「本編78p+あとがきetc.」
〇表紙イラストロゴ無し差分


水蓮姉さんとのメインHストーリーは
次回以降を予定しています

巨乳エロ漫画 夏のヤリなおし3

夏×田舎×和室×美人姉妹×汗だくセックス

誰もが一度は夢想し求めたであろう
最高の‘夏’をサークル‘水蓮の宿’が描き出す

▼あらすじ

盛夏(せいか)
一年で一番暑い時期にさしかかっていた

体格に反して引っ込み思案で取り柄のない「啓人(けいと)」

優しく包容力満点の姉「水蓮(すいれん)」

強か(したたか)で聡明な妹「葵(あおい)」

累積した数年ぶりの想いと背徳感は
理性すら溶かし尽くし
三人だけの秘密の関係を築いてしまう

真夏の炎天下
お互いの欲情は止まらない

肌を重ね
汗を混じり合わせ
唾液を交換し
子宮に精液を思う存分注ぎ込む

そうして見えてきたのは三人の本心

「水蓮姉さん、膣内(なか)に出したい」

「ダメよ啓ちゃん、いや!やめて!!」

「姉さんごめんな…さい!私やっぱり…!」

小さなすれ違いが誤解を生んでしまうが
それが解けたときお互いを隔てる壁は
跡形もなく崩れ去っていた

葉のざわめきが耳をなで
草いきれが鼻孔をくすぐる
どこまでも青い空が続くド田舎の暑い夏

閉め切った狭い和室には
愛液を含んで変色した畳と
むせかえるほど充満した男と女の匂い

姉妹の絶叫が響き渡ろうとも
声を抑える必要なんてない
他に誰もいないのだから

気持ち……いい…!!!

理性を捨て汗だくドロドロになった
雌と雄は本能に身を任せ
ただひたすらに交わり続ける

全てを失ったけど大切なものを
1つだけ手に入れた

それじゃここからはじめよう

『夏のヤリなおし』


水蓮(&葵)母編は次回を予定しています

◆制作◆
サークル「水蓮の宿」
漫画:浅川

◆収録内容◆
〇全112p「本編+あとがき他」
〇表紙イラストロゴ無し差分


2022年に
『夏のヤリなおし4』(仮)
+αを制作予定です

※タイトルと内容は変更される可能性があります


日々の進捗状況は支援サイトで更新しております

お気に入り登録ならびに応援
よろしくお願い致します