CATEGORY 他人棒に喘ぐ妻

巨乳エロ漫画 他人棒に喘ぐ妻 第4話

■第4話
先日、高良から突然提案された3Pの話。
美来がはっきりとした答えを言わないままで高良との関係が日常となっていく中、高良は着々と話を進めていく。
同時に、高良によって自分が今まで知らなかった快楽を何度も味わわされてしまった美来は、夫の愛情を感じながらも性行為では不満を募らせ始めていた。

土曜でありながらも出社する夫の姿。しかし美来は高良とその友人に会うために、後ろめたさを感じながらも出かけようとしていた。
夫が驚くようなミニスカート姿で…。

相手は高良の同級生、髪を金髪に染めた大柄な男であった。
根本と名乗った男のマンションへと招かれた美来は、そこで高良が用意した衣装に着替えさせられる。
美来が用意させられたブーツはこの時のためだった。
そして碌な会話もしないまま、ソファの上で二人の男を相手に3Pが始まった…。

事後、浴室で自らの体を使って根本の体を洗う美来。
まるでそういった行為が当たり前のように…。

浴室から出た根本は、ベランダでタバコを吸っていた高良に言う。
「あのコ基本的にセックスが好きなんだろ」
不敵な笑みを浮かべる根本。
そして垣間見える高良の本音…?

美来はさらに堕ちていく…。

■本編グレースケール48ページ
■複数話構成 5~6話で完結予定
■進行状況などはブログで確認してください

*第3話からの続編です
*日常パートを読み飛ばしてしまうと、人物関係や心理描写が把握できないかもしれません
*キモオヤジ系は登場しません
*報復展開はありません