CATEGORY 三万三千こいきんぐ

巨乳エロ漫画 箱入り娘 男を知る。

社長夫婦の一人娘 西大路ゆうこ。
親の厳しい教育方針により、同世代の女子たちが誰しも経験する遊びに触れてこなかった彼女は、異性との交際経験も無かった。

そんな折、自分に対し優しく真摯に接してくれた担任の川端先生に対し 彼女は恋心を抱く

気持ちを告白したゆうこ、それを受け止めた先生

誰にも言えない秘密の関係が始まった。

ある日 ゆうこは先生への気持ちを抑えきれず 彼とキスを交わす

だが その瞬間を盗み見る一人の影があった。
それは以前より密かにゆうこを狙っていた、用務員のおじさん。

弱みを握られたゆうこは、大好きな先生を守るため、誰にも触れられたことのない柔肌を
、おじさんに捧げていく_。

本文50ページ
jpegデータとpdfデータを同封しています。

巨乳エロ漫画 ミニマム彼女は親父の性奴●

美山まゆ そしてその彼氏 川田りく。

二人は揃って身長150センチ以下の低身長カップル。

クラスメイトからはしょっちゅう「ミニミニカップル」とイジられるも、まゆは穏やかで優しいりくにぞっこんで、彼との幸せな将来を夢見ていた。

だけど彼女には、大好きなりくに関して受け入れ難い苦手なことがひとつだけあった。

それは彼の父親の存在。

〇さくて 非力で 男らしさは無いが、優しくて癒されるりくとは対照的に

彼の父親は大きく太く 逞しく そして女性に対する性欲の眼差しを隠そうともしなかった。

週に何度か まゆはりくの家で一緒に勉強をして過ごす。
二人だけの 幸せなひと時。

しかし、自宅を訪問するたび りくの父親はまゆの身体に対し下卑た視線を向けてくる。

自分の胸の大きさは自覚していたが、まゆにはそれが嫌で仕方なく、いつも必ずりくと一緒に家に訪れるようにしていた。

ある日、部活で帰りが遅くなるりくの為に、彼の家に先にお邪魔し、晩御飯を用意しようとまゆは計画する。

自分と、大好きな彼と、苦手ではあるけど彼の父親と
三人で幸せに食卓を囲む光景を夢見て、まゆは一人でりくの家に訪れる。

だがその日 彼女の思いも虚しく

以前より彼女に欲情を抱いていたりくの父親によって、まゆはレ◯プされてしまう。

誰かに言えば りくは犯罪者の息子になってしまう。
りくにだって言えない。

それ以来
自分の倍ほど大きな身体の りくの父親の底無しの性欲を
〇さな身体で受け止める 過酷な日々が始まった…。

巨乳エロ漫画 ミニマム彼女は親父の性奴● -家族旅行編-

美山まゆ そしてその彼氏 川田りく。
二人は揃って身長150センチ以下の低身長カップル。

クラスメイトからはしょっちゅう「ミニミニカップル」とイジられるも、まゆは穏やかで優しいりくのことが大好き。

だけど一方で彼女は、そんなりくとはまるで対照的な、彼の下品な父親のことが苦手だった。

しかしそんなまゆと、りくの父親はある時を境にセフレの関係となった。

自分の倍ほど大きな身体の りくの父親の 底無しの性欲を
りくにバレないよう 密かに受け止め続ける過酷な毎日。

夏休みを目前にしたある日、りくの父親は提案する
「三人で海へ家族旅行に行こう」と。

まゆには、彼の目論見は分かっていた。
だけど、期待に胸を膨らませる素直なりくを前に彼女は
断ることができなかった…。

いつもと違ったシチュエーションで、クソ親父のまゆへの要求は
いつも以上にエスカレートしていく…。