CATEGORY ピエトロ

巨乳エロ漫画 定食屋のヤンママとワケアリな筆おろしをする事になりました

■定食屋のヤンママとワケアリな筆おろしをする事になりました
思春期の童貞男子が定食屋のヤンママの事が好きで通っているうちにある事がキッカケで突如筆おろしされてしまうお話です

■あらすじ

素朴で思春期真っただ中のモテない童貞男子『コウタ』は
近所の行きつけの定食屋に出向いた

目的はそこの主『アカネおばさん』である。

ヤンママでギャル全開の人妻であるアカネおばさんは
怖いんだけど人あたりがよくコウタにとって
ある種心地いい相手だった、、、

そしてもう一つの大きな理由がある、それは、
『美人で巨乳でエロエロ全開の女なのだ!』

モノ心ついたころからコウタは
アカネおばさんの事が大好きで異性として
理想の女というものを彼女に長年描いていた…

そしてその想いをぶつけるべく今日という日に
店へ訪れたのだった、、、

昼の閉店終わりを見計らってコウタは
おばさんへ勇気をふりしぼって思いをぶつける!

しかしアカネおばさんは動じることなく
私と付き合って何がしたいのか?とダイレクトに
コウタに問うのだった…!

思いもしない返答に
うろたえるコウタだったが
次の瞬間アカネおばさんは

ドスケベなオーラを漂わせ
奥の部屋へコウタを誘っていく―。

基本52p、差分総数104p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

巨乳エロ漫画 近所の中華料理屋のおばさんが大好きだったので告白したら筆おろしされちゃいました

思春期真っただ中の童貞男子が大好きな中華料理店のおばさんととある事がキッカケで濃厚エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

内気でいまひとつ冴えない男子『リョウ』は
近所にある中華料理店の『ユウカおばさん』の事が昔から大好きだった

それは女としてだ!

美人端麗で容姿も良く
なんといっても爆乳とむちむちのお尻を持つ
とびっきりにエロい女性だからだ!

リョウは歳に似合わず
クラスの女の子には目もくれずユウカおばさん一筋だった!

そんな思いを長年募らせて
ある日リョウはユウカおばさんに思い切って告白をする

びっくりするユウカおばさんだったが
真剣なリョウの瞳と情熱に何かを悟り
ある気になる思いから…

そのチャイナドレスを一枚
また一枚と脱ぎ
豊満な巨乳とお尻を露わにし
リョウにまたがり想いに応えていく!

そしてリョウはユウカおばさんの熟女ワールドへ落ち
濃厚筆おろしを体験していく―。

基本37p、差分総数111p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

巨乳エロ漫画 介護でそのままエロジジイにヤられたワケあり人妻

清楚で若い人妻が介護で担当のエロジジイととある約束をしてしまいセックス漬けにされるお話です

■あらすじ

透明感が光る若くて美人な人妻『アヤカ』は
日々の暮らしにとても暗い影を落としていた

それは人には言えない
大きな秘密があった

介護の担当をしている金持ちジジイの『キヨシ』との’愛人’の密約である

夫の多額の借金をかかえ
貧乏な暮らしに耐えかねたアヤカは
苦渋の決断で
キヨシに借金を工面してもらったのだ

それは『愛人』になるという条件で、、、

そしてそれは愛人という生優しいものではなかった!

毎日のようにセクハラを超えた
絶倫強欲キヨシのカラダを求める
ケモノのセックスだった!

選択の余地はなくアヤカはキヨシのチ○ポに
その身をささげる、、、

やがて…
旦那には味わったことのない
オーガズムを感じてしまい自我が崩壊し

キヨシの生ファックに堕ちていく―。

○基本35p
○差分全ページ105p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

巨乳エロ漫画 隣人のヤンママは気さくにゴム無しエッチしてくれました

純朴な童貞男子が気さくなヤンママにグイグイと親睦を深められそのままエロい展開になり結果生エッチしてしまうお話です

■あらすじ

質素で冴えない素朴な童貞男子『ケンタ』は
隣人のヤンママ『アキナ』と仲良くなる

越してきて以来
気さくで誰とでも打ち解け合えるアキナの押しに日々
飲まれてしまうケンタだった、、、

しかしケンタもまんざらではなかった!

Tシャツからはちきれんばかりのスーパー爆乳と
ホットパンツからあふれ出す肉弾むちむちおケツを持つ
ドスケベボディのアキナに多感な世代の男子
ケンタには強烈に直撃だった
アキナの事が大好きだったのだ!

そんなアキナのことを想う
悶々とした日々を送っていたある日…

ケンタはアキナに
家族ぐるみでの食事会に誘われるのだった!

社交の場は苦手なケンタだったが
アキナに会えるならと心にスイッチを入れ参加するも
徐々にアキナへの想いが膨れ上がり
アキナと二人きりの時に想いをぶつけてしまう…!

しかし
アキナは何も驚くことなく
ひょうひょうとした態度でその告白を受け入れ
突如ケンタのチ○ポに手を差し伸べていく―。

基本22p、差分総数66p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 友達のママは清楚に見えて実は超絶ドスケベな女医でした

女医である友人のママに好意を抱く年頃の男子が股間の痛みを和らげてもらうため病院へ通いとある理由から生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

年頃の男子『ショウタ』には日常の中に非日常を迎える日があった

それは昔から想いを寄せる女医の『エミリおばさん』との診察だ!

美人で巨乳で優しくて
とてつもないエロいオーラを放つドエロ女医ママなのだ

そして彼女は友達のママであり普段から交流があり
普段のおばさんも女医のおばさんもどれも
ずっとずっと好きなのだった!

ある日、
ショウタはコカンが痛くなり
エミリおばさんに診てもらうことに、、、

そしてショウタは意を決しこの瞬間にすべてを打ち明ける!

だがエミリおばさんも男心を知り尽くしてる熟女だ
ショウタの告白を軽くあしらっていたが、

コカンの痛みを見過ごせないエミリおばさんは

一撃必殺のとんでもないスケベな手法に打って出る―。

○基本15p
○差分全ページ45p
○PDF同梱

巨乳エロ漫画 アプリで出会った人妻はいつもお世話になっている隣人の主婦でした

素朴で平凡な男子がアプリで落ち合った人妻は実は隣人の人妻であったがある理由からそのまま生セックスをするお話です

■あらすじ

素朴で内気な男子『ケンタ』はパソコンの修理にいそしんでいた。
それは隣に住む人妻『カオリさん』宅であった。

以前にパソコンの修理をして以来
機械オンチのカオリからパソコンのトラブルがあると
しばしば呼ばれていたのだった。

しかしケンタもまたイヤではなかった、、、

なぜならカオリさんとは、
地味でありながらも美人で超絶巨乳でむちむちボディを持つ
エゲつないほどのドエロ人妻だからだ。

『いつもありがとうね』

パソコン修理も早々に終わり自分の家に戻った
ケンタはスマホにかじりついた!

実は、
ケンタには昔から猛烈にハマっているものがあるのだ

’それは『マッチングアプリ』だ’

オバサン熟女好きのケンタにとってそれは
日課中の日課だ
時間さえあれば主婦を物色しているのだ!

そしてラッキーにもタイプの主婦、
『アイコ』なる人妻と落ち合うことになる

胸高鳴るケンタは体の興奮が止まらなかったが
とんでもないアクシデントが彼を襲う!!

なんと、そこにいたのは『カオリさん』だった!

『うそ…ッ!!!』

そしてこの奇跡的な偶然から
ケンタはある理由からカオリと打ち解け
禁断の人妻生セックスをすることになる―。

○基本36p
○差分全ページ108p
○PDF同梱

巨乳エロ漫画 隣のヤンママはコワそうだけど実はドスケベ人妻でした

冴えない童貞男子が隣に住む気さくなギャルママと仲良くなってしまいひょんな事から生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

思春期真っ只中の童貞男子『レン』は隣に住む
気さくでギャルママの『アヤカ』に呼ばれて食事会をしていた

それは越してまもない彼に
ご近所同士のたあいのない親睦を深めるためだ

しかしレンは社交場が苦手であるが
ある理由でそこに参加している、、、

その『ある事』とは、

ちょっとコワモテだけど
美人で巨乳でめちゃくちゃにエロい
オーラを放つアヤカに
とてつもない恋心と
性的興奮を覚えていたのだ!

つまりエロいヤンママに夢中だったのだ!

しかしそんな瞬間に
直球な事を投げかけられる!

『レン、もしかして』

『アタシの事が好きなの?』

『…えッ!!それは…あのっ…』

このセリフをきっかけに
レンはアヤカとエロい展開に発展していき
初めてのオッパイとオ○ンコを味わい

ヤンママのワイルドでソフトオラオラエッチに
ドハマりしていく―。

基本27p、差分総数81p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 バイト先のおばさんは溜まってるオレをスッキリさせてくれるドスケベ人妻だった

年頃の男子がバイト先のエロい人妻を好きになってしまいある日とある事がキッカケで即筆おろしされてしまうお話です

■あらすじ

ウブで年頃の童貞男子『タケル』はバイト先に務める
清楚で巨乳のスーパーエロい人妻『アヤカ』に夢中だった

その日彼は高ぶる思いに意を決しアヤカに告白をするのだった。

本気で言ってるの?と気持ちを確認されるタケルであったが
当然本気中の本気だと訴える

彼にとってこの告白は初めての事ではなかった
しばしばタケルは隙を見てはアヤカへ
交際のお願いをしていたが
相手はオトナの女性だ
オチは決まって軽くあしらわれていた…

しかし―
その日のアヤカは違っていた
ゆっくりとしたため息をついたあと、、、

『こっち来て…』

とタケルを誘う!

意表をつかれたタケルは半ば緊張の面持ちで
バックヤードへ二人で向かった瞬間だった…

『んああああッ!!』

『ちょとッアヤカさん何やってんのッ…!あああッ!』

なんとアヤカは元気にギンギンに反り起つ
タケルのチ○ポを取り出し口へ放り込み
ずっぽりじゅぼじゅぼとフェラを繰り出すのだった!

思わぬ展開に仰天するタケルだったが
これがしたかったんじゃないの?と
図星で直球のセリフに躊躇する

店内で客がいるにもかかわらず
こんな事をしていいのかと
自問自答の’理性’が彼を襲う、、、!

しかし、
こんなあり得ないドスケベな展開に
奥底に眠るオスのスイッチが入ったタケルは
そのウブな身をアヤカへ委ねる、、、

オッパイとオ○ンコの快感を味わい
アヤカのエロすぎる人妻&熟女セックスを濃厚に受け

本能のままにパコパコワールドへ
身を投じていく―。

基本31p、差分総数93p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 義父に弱みを握られた人妻は本気の生エッチをします

素朴で純粋な美人人妻が性欲絶倫のエロジジイ義父に弱みを握られ欲望のままにエッチ漬けにさせられるお話です

■あらすじ

清楚で美人で巨乳のエロいカラダを持つステキな人妻『ユウカ』は
一見して普通の主婦に見えた。

しかし彼女には誰にも言えない秘密があった。

長年セックスレスによる欲求不満で
近所に住む男と不倫をしていたのだった、、、

そして悲劇は起こった!

性欲絶倫の義父が現れ
不倫現場の秘密を知ったのだった

『世間にバラされたくなければヤらせろ』

と猛烈に迫ってきたのだった!

驚きと混乱に身が固まる思いだったが
罪悪に罪悪が押し寄せる彼女にとって
選択の余地など1ミリもなかった…

諦めモードの中
ユウカは巨乳をさらし股を広げ
性欲絶倫の義父のデカチンを受け入れ

抜けられない淫らなドスケベワールドに堕ちていく―。

○基本24p
○差分全ページ72p
○PDFのみとなります

巨乳エロ漫画 友人のママと無限びちょびちょエッチ

純な童貞男子が友達宅にお泊り会に来た時美人で巨乳の友人ママとひょんな事から生エッチ筆おろしをしてしまうお話です

■あらすじ

純な童貞男子『ユウト』は緊張の面持ちで友人宅へお邪魔していた。

気さくに迎える美人で巨乳の友人のママ『ミサキおばさん』に
超絶ドキドキしていたのだった。

その日は勉強会という名のただのゲーム三昧のお泊り会だ。
ワクワクが止まらないユウトと友人だったが、
ユウトにはもう一つ秘密のワクワクがあった。

それはミサキおばさんの夜な夜な一人オナニーの『覗き』であった!

そして深夜―。その時が来た!

ユウトは興奮に包まれながら
ミサキおばさんのM字開脚からほとばしる
すさまじくドスケベな一人エッチを堪能するが、
なんと気配を悟られバレてしまったのだった!

人生終わったと絶望するユウトだったが
『こっちへいらっしゃい』と思わぬお誘いを受けるのだった

驚き混乱と冷静を欠いた展開だったが
ユウトはその誘いに身を預けていく、、、

そしてこれをキッカケに
ユウトは友人のママ『ミサキおばさん』と
淫らで汗だくのスーパーびちょびちょ生エッチを体験し、
ミサキおばさんの’訳’を確かめ、、、

女のエロスへ堕ちていく―。

○基本24p
○差分全ページ72p
○PDF同梱

巨乳エロ漫画 人妻のアネキとこっそり二人きり濃厚生エッチしてます

姉の事が大好きな童貞男子がひょんな事がキッカケでいきなりゴム無し生エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

とある日常―、遅刻気味に姉の家族のところへ到着する
内気で気弱な童貞男子『ハルト』は緊張の面持ちでいた…

なぜならハルトは姉『ミサキ』の事が昔から大好きで
完全によその女の子には興味がなく
姉一択のアメイジングな性癖があったのだ!
そして今日という日は猛告白をする予定だ

今日は家族の行事でいろいろと手伝う段どりなのだが
姉と二人きりになれるチャンスがあるから
ハルトは俄然ヤる気満々だった!

そしてその時が来たのだが
なんと姉のミサキの方から思わぬセリフを
放たれる!!

『まだアタシの事好きなの?』

『…ッ!お…おう…!』

『アタシとヤリたいんでしょ?』

『…ッ!!んなッ!!』

なんと
先制攻撃を繰り出したのはハルトでもなく
ゼロ距離にの向かいにいる姉ミサキだったのだ!

あまりの想定外のド直球な問いに
ガッチガチに固まるハルトだが
ここででひるむなど人生最高の機会を
失うかもしれない焦燥感に鼓舞され
男として己の中にあるオスの本能に呼びかけた

間をおいて’ヤリたい’と姉の返答にまっすぐに応える、、、
その瞬間、、、

『んなあああああッ!』

『なッ…!!マジかよッ!!』

『フフこういうの求めてたんでしょ?』

姉は突如ハルトのチ○ポを取り出し
ヨダレだくだくのずっぽりフェラを
展開したのだった!!

最高の混乱と最高の興奮がハルトを包みこむ!

そしてこれをキッカケにハルトは童貞を捨て
姉の思いを確認しながらゴム無し生ハメえっちへとどっぷりと浸かり
禁断の姉とのセックスライフに堕ちていく―。

基本31p、差分総数93p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 弁当屋のギャルおばさんは気さくでエロくてセックス大好き人妻でした

モテない童貞男子が気になる弁当屋の美人で巨乳のエロおばさんととある事がキッカケで即エッチしてしまうお話です

■あらすじ

ある何の変哲もない日常―。

『え〜マジで言ってんのアンタ…』

冴えなくてモテなくて内気な童貞男子『ソウタ』は
緊張の面持ちである女性に告白をしていた

それは本人にとって俄然本気の行動だ!

その相手はいくつも年の離れた女
近所の弁当屋の『ナツミおばさん』だ!

年増の女性…
いや熟女がとびっきり好みのソウタにとって
ナツミはどストライクの女なのだ!

同年代のクラスの子には目もくれず
ナツミの事が一点に大好きなのだ

そしていつの日も付き合ってほしいと
おばさんに思いを伝えていたのだった

しかし、
その日は違っていた、、、

なんとナツミおばさんは
半ば呆れ顔でソウタのコカン付近に
しゃがみ込み…

突如ギンギンに反り起つ
ウブなチ○ポをやさしく取り出し
シコシコとさすり
唾液たっぷりの口内でじゅぼじゅぼとフェラを
し始めたのだった!!

『んあああああッ!!おばさんッちょッ!!!!』

あまりの出来事に悶絶し
脳天に電撃がほとばしるソウタだった!

しかし想定外とはいえ
意中のナツミおばさんに
ありえないエロスを繰り出され
無論興奮の最高潮に達する!

『私とヤりたかったんでしょ?』

と何とナツミおばさんは
すべてを見通したセリフを放つ

そしてヘビににらまれたカエルが如く
超絶固まる童貞のソウタだが
初めて味わうフェラの快感に彼の中に眠るオスの本能が
芽生え始めていた

『んも〜ヤるのヤらないのどっち?』

『んあああああッ!すごいッ!すごいよッおばさんッ!!』

セックスをするかしないかの究極の問いに
NOと答えるオスなどいない…!!

ソウタは本能のままにそのエロい問いに
チ○ポで応えるのだった!

これをキッカケにソウタは
美人で巨乳でウルトラエロいナツミおばさんの
熟女無限セックスに身を投じる、、、

そしてナツミおばさんもまた
欲求不満の毎日に発情を余技なくされ
ソウタのチ○ポを欲していくのである、、

『いっイキそう!おばさんッ!!』

『イっていいわよ…でも中はダメだからねッあぁぁぁんッ!!』

やがて二人は
歳の差の淫乱ドスケベ生エッチを
激しく繰り返していく―。

基本16p、差分総数48p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 隣人のマナミさんはすぐにエッチをするドスケベ人妻でした

年頃の男子が近所に住む美人で巨乳で超絶エロい人妻とひょんな事がキッカケで速攻でエッチをするお話です

■あらすじ

どことなく頼りない素朴な男子『ショウタ』は
気まずい感じの面持ちで直立不動だった

それは近所に住む美人で巨乳でとびっきりにエロい人妻『マナミ』に
誘われてたからだった、、、

’美人で巨乳のスーパーむちむちエロ人妻なのだ’

以前からショウタは近所にあるコインランドリーでマナミとは仲良くしていたが
その日は●●の行事でショウタは誘われていたのだった!

内気で優柔不断なショウタにとって断ることなど到底できず
マナミ家の食事会にストレートに参加するのだった、、、

しかしそんなドギマギしている中
ショウタは決心していたのだった

実はショウタは以前からずっとマナミの事が好きで好きで
日々悶々と過ごし
思いがMAXに限界で膨れ上がり止まらずにいたのだった!

そしていつの日か
告白をしようと決めていたのだが
その日が今日という日だった!

よその家族との慣れない食事や会話に
居心地の悪いなりにも必死にやり過ごす
ショウタに好機のチャンスが訪れた!

マナミを残し家族全員で近所の駅前に出かける用事ができたのだった

’二人きりの瞬間だ!’

ショウタはこのチャンスにすべてをかけた!

『まッ…マナミさんずっと好きだったんです!!』

『付き合ってくれませんかッ!!』

一瞬の沈黙と静寂の間に包まれた、、、
しかし次の瞬間とんでもない事が起こった、、、!!

『フフ』

『男らしく言えばいいのに〜』

『なッ!!あッんあああああッ!!』

『ちょっとッ!マナミさん!なにやってるんででですかッ!!!』

なんとマナミはショウタのチ○ポを軽やかにそっとり取り出し
シコシコと併せフェラをしだしたのだった!

訳が分からないショウタだったが
混乱の中にも最高の瞬間でもあった!

憧れのマナミさんが己のチ○ポをしゃぶり倒しているのだ!!

夢のような瞬間だった…!!

『イヤならやめる?』

どんどんと圧をかけてくるマナミだった

超絶に迷うショウタだったが
もはやオスの本能が呼び覚まされていた彼に
NOという選択肢はない!

『そっそんな!イヤだなんて!とんでもないですッ!!』

『ショウタくんって童貞…?』

『んああああああッ!!』

これをキッカケにショウタはマナミのドスケベエッチに浸かっていき
正常位騎乗位バックとハメまくった!
童貞の初セックス開演だ!

そして、
マナミもまた夫との満たされない日々に
悶々とした背景があった…

ショウタの若いチ○ポに触れ
発情が覚醒したのだった…

ハァ

ハァ…

ハァ…

やがて二人はチ○ポとオ○ンコを打ち付け合い
最高潮に達したショウタは大量の精子を
マナミの子宮へ注ぎ込み…

止まらない熟女と童貞男子のセックスピストンがはじけ飛ぶ―。

基本31p、差分総数93p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 何でも言うことを聞くお手伝いさんと生セックスする事になりました

年頃の童貞男子が新しく入った清楚で美人で巨乳のお手伝いさんにエッチなお願いをしたら意外な展開になり生入れエッチをするお話です

■あらすじ

広いリビングににぎわう音に釣られ
静かにしてほしいと言わんばかりの呆れ表情で現れた
年頃の童貞男子『ユウタ』はそこに立っていた

ごちそうが並ぶテーブルにビックリするユウタだったが
それは新しく入ったお手伝いさんの手料理によるものだった

『あらユウタさんおはようございます』

『お…おはよ…』

イニシアチブを取られるがごとく
朝の挨拶をされるユウタはしどろもどろだった、、、

彼女の名は『アヤカ』。

黒く長く大きな三つ編みと太い淵のメガネがトレードマークの
大人の女性のお手伝いさんだ!

しかしもうひとつトレードマークがある…

それは、

’清楚でセーターがはちきれんばかりの爆発的なスライム巨乳と弾力お尻と
スーパーむちむちの肉感がオスの本能を刺激する圧倒的エロオーラだ’

それにすっかり脳天を撃ちヌかれていたユウタは
興奮に興奮がタマたずにいたのだ!

そしてユウタはある事を決めていた

’告白’だ

これまでのお手伝いさんにはない超絶どストライクのアヤカさんに
頭が離れないユウタは告白を決め込んでいたのだった

『あの…アヤカさん』

『エッチって……』

『どうヤるんですか…?』

我慢に我慢の限界を突破した渾身のセリフだった
それは童貞男子が発する滑稽とも思える純粋で真っすぐな質問と欲求だ!
そう、ユウタは人生最大の玉砕覚悟のミサイルを放ったのだった

しかし、
アヤカの返答は意外なるものだった

『フフフ』

『ユウタさん面白い事いいますね』

肩透かしを食らうユウタはただただ
恥ずかしさとバツの悪さをその空気感を味わっていたが
アヤカは続けざまにさらなる意外な事を口にする

『ユウタさん何かお悩みでも?』

思わぬ切り替えしに超絶ドキッとするユウタだった
スケベなことがしたいという妄想の想いだけが大きく膨れ上がっていたが
カチカチに固まる、、、

そしてとどめの事を刺される

『本気で言ってますか?』

『私は’お手伝い’です』

『ユウタさんのお困り事なら承知いたしますよ』

『…ッ!!!』

なんと夢にも思わない返答をするアヤカだった!

まさにコレは’セックスOK’のリアクションなのだ!

一気に興奮と混乱が高まるユウタだったが
人生に一度きりの大チャンスにその『お困り事』に
意を決し申し出る!

『あっ…あああッ!!』

『アヤカさぁぁぁんッ!!』

この言葉をキッカケにアヤカはまず手はじめに

’赤くギンギンに起ったチ○ポをそっと咥え…’

オトナのセックスワールドへと
ユウタをエスコートしていく―。

基本31p、差分総数93p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 隣に住む人妻は気さくで優しくて思いがけないほどドスケベでした

童貞男子が隣に住む気さくで美人で巨乳の人妻に引っ越しの挨拶で自宅に招かれとあるキッカケからトンデモな生ハメエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

内気でどこか気の弱い童貞男子『ケンタ』はアパートに引っ越してきた

心機一転の生活にフレッシュな日々の中
彼にとって嬉しい出来事があった

それは
隣に気さくでめっぽう美人でスーパー巨乳で
いつも肌を露わにしているエロ人妻の『サエコさん』に
出会ったからだ

あまりにエロく刺激の強い女性に
好奇心真っ只中の童貞男子のケンタは
毎夜毎夜想像が止まらず一人オナニーを
ヤリまくっていた…

サエコさんが頭から離れない毎日に
スケベ妄想に夢中になっていたのだった、、、

そんなある日転機が訪れた―

引っ越したばかりのケンタに
隣のサエコさんが親睦会という名目で食事に誘ってきたのだった

無論ケンタにとってそんな社交的な場は苦手であった、、、

微妙に断るそぶりを見せるも
サエコさんの気さくで明るい誘いに
それを断ることはできなかった…

そんな中苦手ながらもそれなりにやり過ごしたケンタは
宴たけなわのタイミングで
外に雨が降ってくるサエコに気を向ける…

このあと買い物を予定していたサエコは突然の雨に心配していたのだ

すかさずきケンタは走ってすぐに買ってくるとおつかいを申し出
走っていくのだった

ケンタもまたこの一家団欒の緊張の場に少し外の空気を
吸うのはとても良かった

しかし、雨は強さを増してズブ濡れで帰ってくる…

『まぁ!ズブ濡れじゃない!』

『こっち来て着替えなきゃ!風邪ひいちゃう』

とサエコに猛烈に心配されるも
これくらいは平気だと返すケンタだったが
なんと驚くべき行為にうってでるサエコだった

『ちょッ!んあああッ!』

突如服を脱がされズボンを下ろされたのだった!

とっさの出来事に抵抗するケンタだったが
さらなるアクシデントが追い打ちをかける

『まぁ…すっごーい…』

なんとサエコにパンツまるごとズリ下ろされてしまい
超絶勃起したウブなチ○ポを露呈してしまったのだ

お互いビックリする瞬間が続いたが
あまりの恥ずべき醜態にケンタは即座に隠そうとするも
またも信じられない夢のようなトンデモないアクシデントが彼を襲った!

なんと赤く紅潮しびんびんに反り起ったチ○ポを握り
口に含みじゅっぽりとフェラを繰り出したのだった

『ちょッ!ちょっと!サエコさん』

『なっ何やってるんですかッ!!』

あり得ない行為にケンタは混乱するも
家族に見られるヤバイ気持ちも相まって
全力で拒否したが

運よくサエコの夫と娘は出払っていたのだった

そう…

’今このフェラの瞬間はケンタとサエコの二人きりなのだ!’

『知ってるのよ』

『私の事ヤラシイ目で見てるの…』

なんとすべてを見ヌかれていたのだった
童貞男子が女を見るその顔や目などは
熟達した大人の女性には隠し通せるものではなかった

エロい人妻にその性欲は一瞬で悟られていた!

赤面するもただただ固まるケンタだった、、、

それもそのはず
あまりのフェラの気持ち良さに
タマらなかったのだ
童貞の彼にとってはじめて味わう女のエロフェラテクに
鬼頭に快感をびくびと感じ
棒立ちに官能的に感じるしかなかったのだ!

’気持ち良すぎるッ!!’

そしてサエコの質問はつづく、、、

『イヤならやめとく…?』

『私の勘違いなら悪いし…』

なんと
究極の二択を迫るサエコだったが
ケンタにそれを止める理由など1ミリもなかった

あのあこがれのサエコさんとヤれるなら
このチャンスに乗るしかないのだ!

いやもはや
サエコさんをオカしたい一心だった!
童貞男子の起死回生の本能だった!

『んあああああッ!』

『挿入ってる!オ○ンコ入ってるよサエコさん!』

これをキッカケにケンタは
ドスケベなサエコの熟女セックスに
引き込まれていく、、、

そしてまたサエコも女の悩みを持つ
悩める主婦だったのだ
久方ぶりにオ○ンコへのチ○ポが挿入された
快楽にメスの発情が目を覚ましたのだった…

もう人妻と童貞男子の
雨の中二人きりでパコりあう
生セックスは誰にも止められない

やがて絶頂のはてにケンタは
サエコの膣内にたっぷりとドロドロの精子を
ぶちまける…

『ハァ…ハァ…ハァ…』

その日から二人は
肉体を確かめ会うヤリフレンドへと
発展していき、、、

禁断のお隣同士の
生ファックライフへと堕ちていく―。

基本35p、差分総数105p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 大好きな叔母さんとたっぷり体液交換エッチ会

気弱で童貞の男子が大好きな叔母の家でお手伝いをすることになりとあるキッカケからドスケベエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

気弱でモテない童貞男子の『ハヤト』は叔母の家に来ていた、、、

それは祖父の古希祝いでの準備で
事前に用意の手伝いを言われていたのが

ハヤトは通常とは思える緊張と
興奮ドキドキが止まらずにいた…!

それは昔から叔母さんの事が大好きだったのだ
親戚のおばさんだからではなく
れっきとした女としてだ

名は『ナナミおばさん』。

美人で巨乳で息をのむほどにエロく
とてつもないほどにソソる人妻なのだ
誰もがコカンに反応が走る主婦の女神だ!

そしてハヤトはそんなナナミおばさんが昔から心底好きなのだ!

そして今日という日はおばさんと二人きりになれる
最高のタイミングと最高のシチュエーションであり
ハヤトは渾身の告白をする気でいた

『フフフ冗談よしてよ~』

『ほっ本気なんだって!』

『おばさんのこと本気で好きなんだってばッ!!』

年頃の男子によくある性欲に翻弄されていることを知っているナナミおばさんは
それとなくその告白をイイ感じで流していた

本気で受けて止めてもらえない
ハヤトは意気消沈するも
やはりこの気持ちを抑えることができず
ナナミおばさんの部屋へところへ再び入った、、、

『おっ…おぉ…!!』

なんとそこには悶絶級のエロい様子が目に飛び込んできた!

ナナミおばさんはTシャツの下から
こぼれそうなほどのオッパイを露わにしながら
ソファにエロく悩ましく仮眠をとっていたのだった

そんな姿を目の前にしたハヤトは
その思いと興奮が一気に頂点へ達し
おばさんに襲い掛かった!

『ちょっと!ハヤトくんなにやってんの?』

『落ち着いて!』

手に余る巨乳オッパイをモミしだき
オ○ンコに己の亀頭チ○ポをヌルヌルと当て
ネットで散々見た
見よう見マネでセックスを始めたのだった!

驚くナナミおばさんはハヤトの興奮を
刺激しない程度にそれなりに抑えようとするも
あまりの強い思いに少しだけならと
’事を始める’のだった

それはある種の’母性’だった

『んああああッ!おっおばさん…すっすごいよっ』

なんとナナミおばさんはハヤトのチ○ポを
そっと咥えチュポチュポとドスケベフェラを繰り出したのだった!

初めてあじわう口の中の感触と
唾液たっぷりバキュームちゅっぽりの摩擦に
スーパー快楽を得るハヤトだった

そしてナナミおばさんは続け様にパイズリを展開し
ハヤトの興奮はさらなる天空へと昇った

『もうこの辺で終わりでいい?』

これは近しい間柄ではヤってはいけない事だ
終わろうとするナナミおばさんだったが、、、

彼の本能はむしろ一発で目覚めるのだった

それもそのはずが年頃の男子に
チ○ポを刺激しておいて途中で収まるはずもないのだ!

『あぁぁん!待ってハヤトくん生はダメだって~!!』

ハヤトは興奮のままにナナミおばさんのオ○ンコを
わがものにズボズボしまくるのだった

’初めてのオ○ンコ挿入に感激’

’初めての膣内の感触に絶頂’

したのだった

そしてナナミおばさんもまた
長年のセックスレスによって
おもわぬチ○ポ挿入セックスに
体が反応してしまい
快楽を余儀なくされてしまったのだ、、、!

やがて二人は興奮のままに
イケないドスケベエッチをエスカレートさせるのだった

’パンッパンッパンッ’

’あっあぁ…あっあんっ’

肉と肉が打ち付けるエロい音…
その間の拍にコダする喘ぎ声…
激しい濃厚セックスそのものだった

そしてハヤトは童貞による初エッチに
射精コントロールは不能になり
絶頂のままにナナミおばさんの熟れたオ○ンコの中に
大量の精子をたっぷりと放出してしまう…

『ハヤトくん中はダメぇぇぇッ…!!』

これをキッカケに二人は
日々会うようになり
濃厚エッチライフをはじめていく―。

基本40p、差分総数120p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 アプリで知り合った人妻は近所に住むドスケベ主婦でした

内気な男子が隣に住むエロい人妻とマッチングアプリで偶然会ってしまい流れのままにエッチをしてしまうお話です

■あらすじ

内気で気弱な男子『リク』はドキドキしていた…

彼は最近アパートに越して来たわけだが
隣に住むとんでもないエロい体と雰囲気を
解き放つドスケベ人妻の『ミサキ』に思いを寄せていた

ある日、偶然パソコンの修理をした際に仲良くなって以来
世間話や家にお茶をする仲になり
今日もお隣者同士で会話をしていた
ミサキもまたきさくな人妻であった

そしてそんな関係がタマらなくハッピーで
ドキドキの日々を過ごしていた、、、

そう、
リクは根っからの人妻熟女好きだったのだ!
歳上の豊満で包容力のある女がめっぽう大好物なのだ

そして以前に友人に勧められた
’人妻マッチンアプリ’をやる事になる、、、

さっそく利用するリクであったが簡単に見つかった!
三十路のとある人妻とマッチングし
ホテルで出会う約束をするのだった

ヤれるかもしれないというウブな妄想が
コカンに膨らみ気持ち高ぶりながら当日を迎える、、、

『ええええええッ!!』

『ウソ…でしょ…!?』

なんとそこにいたのは
隣に住む『ミサキ』おばさんだったのだ!!

奇跡的ともいえるとんでもない偶然に絶句すする二人だったが
リクはこの時何かのスイッチが入ったのだった!

それは危機的状況に動物として覚醒する’本能’だった!

『みっミサキさんッ!!』

『じっ実はオレッ…ミサキさんの事が好きだったんだ!!』

『付き合ってよっ!!』

混乱の中に混乱する告白を受けるミサキだったが
大人の女としてリクの気持ちを聞くことにするも

これをキッカケに二人は意外な展開にエスカレートに
ミサキはリクの求める男心を分かり
そして童貞のリクは初めてのオ○ンコをミサキで知る事になる

やがて二人は動物の交尾がごとく
チ○ポとオ○ンコが果てしなくズボズボし合い
精液ドロドロの膣内発射を何度も繰り返していく―。

基本31p、差分総数93p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。

巨乳エロ漫画 借金のカタに大家のジジイに言いなりになった人妻

美人で清楚な人妻が夫の借金を工面してくれた大家のジジイに言いなりにさせられ体を要求され最後にはセックス漬けにさせられるお話です

■あらすじ

透明感にあふれ美人で艶やかな人妻『斎藤アヤカ』は
夫と一人娘の一家団欒に笑顔でいた

しかしその笑顔は偽りのポーズだった、、、

その理由とはそこに居合わせてる最低最悪の人物がいたためだ

『奥村』

という老人だ。

そのマンションの大家で
気さくでこの斎藤家とは仲がいいのだが
この斎藤家とありえない事実をかかえている

それは過去に夫が事業に失敗し多額の借金を追うも
奥村はそれを工面してくれていたのだった

あまりの人の良さになんとも幸運な家族だが
この世にうまい話はなかった…

ある日それは起こった、、、

『きゃああああッ!!』

『アヤカさんアンタも分かっておるじゃろう??』

夫と娘のいないアヤカと奥村の二人っきりの時だった

奥村は突如背後から寝ているアヤカのケツを揉みしだき
両オッパイも存分に揉みしだいたのだった!

突然の出来事に驚愕するアヤカは混乱しつつつも
めいっぱいの力で抗ったが
奥村に衝撃の内容を言われ
なすすべない状況に追い込まれる!

『やめてお願い!!警察呼びますっ!!』

『そんな事していいのかな?』

『借金はチャラにしちゃうよ?』

『またあの貧乏生活に戻ってもいいのかい?』

『…ッ!そんなっ!!』

なんと奥村はこれが目的だったのだ
アヤカの体をモノにするために
その借金の肩代わりをしていのだった

’この日のために’

『ニッヒッヒ!アヤカさんワシは

アンタがここに来てからずっと好きじったんじゃああ…』

『いっ!!…いやああああッ!!』

そしてアヤカはエロジジイの毒牙にかかってしまう

それは拒否することのできない
選択肢の絶たれた瞬間だった

’性欲絶倫のエロジジイとの濃厚セックスだ’

アヤカはすべてを受け入れ地獄のような
そして死にたいくらいの心情に
包まれながら奥村の性欲絶倫チ○ポにオカされる

オッパイオ○ンコ
フェラパイズリ
正常位騎乗位バック

何度も何度もヤられハメられ
おかまい無しに何発何発も精液を中出しされる…

ハァ…ハァ…ハァ、、、

そしてアヤカは
夫には無い野性的な奥村のセックスに発情していき

絶望と自我崩壊の中
徐々に奥村のチ○ポに取りつかれていく―。

基本34p、差分総数102p、PDF同梱となります。
よろしくお願いします。