CATEGORY まんだら大王

巨乳エロ漫画 シン・クノイチ 〜人妻の魔忍者は生ハメ任務に堕ちる〜

清楚な人妻が実は裏稼業で忍者をしておりある同僚に裏切られ男たちに無限生ハメされるお話しです

■あらすじ

普段何気ない生活を送り
何気ない平凡で幸せな日々を送っている人妻『北条マリナ』がいた。

しかし彼女には家族にも誰にも言えない秘密があった。

’それは『忍者くのいち』だったのだ’

太古より北条家の血筋として忍者の才能があり
そして人妻として生活を送りながら
実は忍者として裏での世界を動かす重要な任務をしていたのだった

しかし同僚の『サエコ』からある連絡が入る。

敵に捕まっているのを助けに行かなくてはならなくなったのだ

急ぎ足場やに現場に向かい仲間の危機を救うべく
必死で敵のアジトからサエコを脱出させる

しかし突如
サエコは踵を返し足を止め
敵のブラック忍者たちに合図を送るのだった!

『…ッ!?』

『いやああああッ!!』

そしてその瞬間
マリナはブラック忍者たちに取り押さえる!

『サエコ!どういうこと!?』

『クックック!アンタの能力頂いちゃうよ〜』

なんとサエコはマリナを捉え
その北条家に代々伝わる人体強化の『特殊な能力』を奪う事が目的だったのだ!

そしてその能力を奪うには『セックス』が必要と知っていたのだった!

『貴様っ!!裏切ったなーッ!!』

『時代は変わったんだよマリナ!』

『オマエたちヤっちまいな〜!!』

サエコは組織を乗っ取る計画から部下の男たちに
その能力を継承すべくマリナと生セックスをさせていく

サエコは毒を盛られ身動きできないカラダにされ
すべての男たちのチ○ポと精液をたっぷりとオカされ
ケモノに帯びた男たちのセックスに無限快楽ならぬ
無限地獄に陥っていく―。

○基本29p
○差分全ページ87p
○PDF同梱

巨乳エロ漫画 異世界で人妻がオークに一方的に種付けされてしまう話

美人で巨乳の人妻が突如異世界にワープしそこにいたオークたちに捉えられセックスのオモチャにされ種付けされていくお話です

■あらすじ

その日足早に歩く清楚で美人な人妻がいた
手には買い物袋を腕にかけ
美貌な上にエロい巨乳を持ち
むちむちのお尻をたゆませている

いわゆる’まばゆい人妻’だ

しかし
急いで家に向かう途中彼女に悪いアクシデントが起きた…!

トンネルの中で激しい頭痛に襲われたのだ
頭を押さえ膝を曲げ
ズキンと激しく脳内に走る激痛に
一瞬動けなくなる
しばらく痛みに耐える彼女、、、

痛みの中うっすらと目を開けると

なんとそこにあるのは
真っ赤なトンネルだったのだった

『…えッ!!』

おどろく痛みは吹き飛び彼女はよりもっと目を見開いた、、、

見たこともない光景に頭の整理がつかないその人妻は
さらに気づくのだった

そこにあるの真っ暗な森だったのだ!!

訳が分からない混乱真っ只中の彼女は
怯えながらも自分に起こった
不可解な現象に正気をとりもどそうとするも

突如背後におそろしい殺気なるものを感じる…

『グヘェ…』

なにやら低くうなるような声がするその違和感に
おそるおそる振り返ると

『オンナァァ〜』

そこにいたのは
世にもおぞましい怪物だったのだった…!!

『いやああああッ!!』

あまりの恐怖に逃げ惑う人妻だったが
あっさりと捕まえられてしまう!

声を上げ死の恐怖に全力で抗う彼女だったが
人智を超えた怪力の前にその抵抗など
赤子の手をひねるがごとく無力であった

『いやっいやッ離してッ!!』

『誰かッ助けてぇぇぇえ!!』

即座に身ぐるみを剥がされ一方的に
襲われていく人妻だった
まさに無力そのものだ

そしてその叫びも
この真っ暗な深い森の中では
誰の耳にも届くはずもない

彼女にただた悲劇が起こったのだった!

そして彼女は口やオッパイやオ○ンコという
穴という穴に強引に乱暴に
怪物たちの巨大なチ○ポがねじりこまれていくのだった

羞恥の沙汰と
極度の恐怖に人妻はなすずべもなく
ただ神祈る思いだった

’助けて’と

『ニンゲンオンナ〜キモチイイ〜』

しかし怪物たちはその手を
いやそのチ○ポを止めることはない
オモチャの如くその人妻を本能のままに襲い続ける

『殺さないで…いやッいやあああッ!!』

ひたすらに叫び助けを乞う彼女であったが

ある恐ろしい事に気づいてしまったのだった

’『このバケモノ達は繁殖が目的だ』と’

彼女はハッと目が覚めるように
頭が真っ白になった
体の力が抜け落ちた、、、

それは’これからこのバケモノたちに永遠にオカされつづけるのだ’と

絶望の反応であった

『いやあああああああッ!!』

すべてを悟った彼女は森にこだまするほどの
助けと魂の叫びを放ち

彼女は終わりのない
ケモノたちの繁殖のオモチャにされ、、、
快楽のオモチャされ、、、

『もうどうでもいい…』

『ハハ…ハハ』

と自我を失い

やがて彼女は
ケモノたちのチ○ポに快楽を覚え
発情のスパイラルに堕ちていく―。

○基本31p
○差分全ページ93p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

巨乳エロ漫画 近所に住む人妻は実はドスケベ八尺様でした

童貞男子が近所に住む美人で巨乳の人妻が実はドスケベ八尺様だと分かってあるキッカケから無限エッチをしてしまうお話です

■あらすじ

少し気弱なチェリーボーイの『ショウタ』はその日
緊張が体に取り巻いてた

それは近所に住む超絶美人で超絶巨乳のドエロ人妻『アヤカおばさん』と
朝の挨拶とかわしていたからだ、、、

はちきれんばかりの巨乳とケツに目のやりどころは苦しく
年頃のショウタにとって刺激が強く100%完璧に目のヤリ場を失っていた、、、

『おはよう』

と言われる瞬間もタマらなく興奮が体を走るのだ!

もちろん思春期MAX中の彼は
毎夜毎夜アヤカおばさんを脳内ハメハメ想像をして
日々の一人オナニーもヤリまくりだった、、、

その甲斐もあって本人を目の前にするたび
心底ドキドキが止まらないのだ

そんな中
ショウタにはある趣味があった
それは’都市伝説’だ

この場所に越してきたのは最近だが
少しばかり霊感のある彼は妙な体験をしている

なんと『八尺様』に遭ったことがあるというのだ

八尺様とは都市伝説の妖怪オンナで
’悪い●●をさらう’というありきたりな内容だ

しかしショウタは実際に遭ったというが
友人たちには冗談だと軽く流される

そしてショウタはふとある共通点を見つける…

それはあのドエロおばさんである’アヤカおばさん’と
’八尺様’がとてもよく似ていて
実は『同一人物』なんじゃないかと思うようになる、、、

そしてある日下校途中
ショウタは出会ってしまった

’八尺様’に…

『ええええッ!!』

正面に白いワンピースがトレードマークと
白いハットがアイコニックで且つ
2.5メートルはあろう存在感爆発の身長の八尺様が
いたかと思うと即座に
背後にズッと立っているのだ、、、!

そのスピードたるや人間の想像など追いつくものでない
人智を超えたスピードなのだ

『んあああああッ!!』

あっと驚くのもつかの間
ショウタは身ぐるみを剥がされ
丸裸にされてしまった!!

『フフフ…スケベな事ばっかり事考えてたでしょ~』

『ちょッ!!あっああああッ!!』

なんと八尺様はショウタの反り起つチ○ポを
ひとかぶりしジュポポポポ~っと
激烈なバキュームのフェラを展開したのだった!!

ただただ喘ぎ声を発し
混乱と状況をつかめず訳が分からないショウタは
ひたすらに抵抗をする反応しか出せなかったが
チ○ポに走る味わったことのない
フェラチオの感触に最高の興奮を感じるのであった!

『ショウタくんのおっきいね~』

『なああああッ!!はっ八尺様ぁぁ!!挿入ってる~!!』

そしてドスケベ八尺様の猛攻はどんどんつづく!

なんと混乱してる間もなく彼女はショウタのイチモツを
ぎゅっと握り自分のオ○ンコでズプズプとねじ込んだのだった

’膣内挿入だ!’

’初めての生オ○ンコ挿入だ!’

’感激と興奮と天国のハーモニーだ!’

右手のオナニーとはまるで別格の最高の
感触を味わうショウタだった!!

都市伝説の妖怪と生ファ○クしていることに
動転と興奮と高揚が一気に彼へ押し寄せた

頭が真っ白になる瞬間だった!

『んああああッ!八尺様エロいよ~!!』

これをキッカケに八尺様は騎乗位バック正常位と
いのままに彼を妖魔のセックスへといざなった

陥落の沼に堕ちていくショウタは
がむしゃらにピストンした…

それはショウタの奥底に眠る’オスの本能’が
八尺様のオ○ンコへ激しく交尾ズボズボを
繰り出すのだった

『でるううううううッ!!』

やがて興奮の頂点を迎え
ショウタは大量の中出しをしてしまう…

ハァ…ハァ…ハァ…

もうそこに八尺様はいない、、、

筆おろし完了だった、、、

ショウタは確かに生エッチを達成したが、、、
やはりアヤカおばさんの面影を
八尺様に感じるのだった

疑問にさいなまれる彼はある日意を決して
アヤカおばさんに正体は八尺様じゃないのかと
ストレートに問うのだった、、、

『ショウタくん』

『あまりこっちの世界に来ない方がいいわよ』

『フフフ』

とミステリアスな返りを食らう…

そしてまた翌日
翌々日、、、と八尺様が現れる、、、

やがてのこのループに見舞われるショウタは
アヤカおばさんの正体が八尺様であると確信し
真実を解明するべくあこがれのアヤカおばさんなる
八尺様と下校途中の遭遇に濃厚連続エスカレートセックスを果たしていく、、、

そしてショウタはウブなボーイにも関わらず
セックスを知った男として妖魔の世界へ身を投じる…

八尺様

いや、

アヤカおばさんの淫魔ワールドへ
ずっぽり入り込み
深く甘いドスケベの沼へと堕ちていく―。

○基本80p
○差分全ページ240p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
描き起こし加工やストーリーや演出を加えた作品となっています。

巨乳エロ漫画 ママは魔忍者で裏セックスの種付け任務に出張しました

忍者の裏稼業をしている平凡な人妻が悪の組織にハメられ種付けオモチャにされてしまうお話です

■あらすじ

清楚で美人な人妻『ナナミ』は一家団欒の光景を微笑ましく見ていたが
心の奥底で案じている瞬間があった、、、

それは家族には秘密にしている危険なモノをかかえているからだ

それは『忍者』である。

看護師の仕事をしていると夫や●●には告げているが
裏のナナミの顔は忍者の仕事をする
特殊なエージェントだったのだ

『魔忍者ナナミ』と組織では呼ばれている

そして長年ウソをつき続けている罪悪感から
近いうちに事実を話さなくてはといけないと
母親そして妻としてさいなまれていた…

しかしそんなある日
急遽’龍牙会’から招集をかけられたナナミは
いつも通りみなが寝静まった頃、、
ひっそりと身を固め出発する、、、

『いったい何事だ』

山中深くにある城のふもと
ボスの’大黒’に声を張るナナミだったが
なにやら様子が違っていた

多数の忍者たちに周囲をかこまれているのだ
瞬時に違和感を覚えたナナミはさらに大黒へ詰め寄る

『ナナミ、今日でお前は’サポート’に回ってもらう』

『…なっなに言ってんの?ナメないで!!』

特殊な血を引き上級忍者であるナナミには寝耳に水だった
前線から降格されるなんて憤りに値した

しかし
大黒からさらなる恐るべき辞令が下るのだった!

部下の忍者たちとヤリまくって
魔族耐性を持つ血の忍者を増やすというのだ

つまり’ヤリまくって特殊忍者を産みまくれ’というものだった

驚くあまり硬直するナナミだったが
黒幕の仕業を感じた彼女は瞬時に
周囲の忍者から逃亡をはかるも

あっという間に捕まってしまう…

『タマんねぇな~ナナミのカラダはよぉ』

『ヒッヒッヒ!』

なんと身ぐるみはがされ
ナナミの爆乳とむちむちケツをみんなの前でさらされ
ひざまづかされ
女の羞恥をさらされてしまうのだった

『クックック…ナナミお前はサポート役だ!』

『いやああああああッ!!』

大黒もまた黒幕に牛耳られた人間だった

そしてナナミは組織すべての忍者たちに
その豊満なカラダを弄ばれヤラれまくるのだった!

ナナミの熟れたキツキツオ○ンコは多数の忍者のモノとなり
性欲のハケ口そして中出しのオモチャにされるのだった!

そして
逃げらぬようカラダには脱力の毒を塗られ
抵抗むなしくナナミは男たちに無限にヤられまくり
淫乱の道へと堕ちていく、、、

そして忍者たちにオカされるたびに
家族への懺悔とともに
ケモノのように
淫らに発情していく―。

○基本54p
○差分全ページ162p
○PDF同梱

※本作品はNovelAIで出力した画像を元に
ストーリーや演出やレタッチ加工を加えた作品となっています。