CATEGORY はいとくのもり

巨乳エロ漫画 オモチカエラレ1・2・3総集編

『オモチカエラレ 声優志望清楚巨乳キスハメ寝取られ』
『オモチカエラレ2〜僕より夢、夢よりアイツのちんぽ〜』
『オモチカエラレ3 新人声優は後輩ちゃんのためカラダを差し出す』
の総集編です。
オモチカエラレ4が発売となりましたのでこのご機会に良ければ、と思います。

本編135Pとなります。

※描き下ろしなどの新規のものは収録されておりませんのですでにご購入の方はお気を付けください。

巨乳エロ漫画 オモチカエラレ3 新人声優は後輩ちゃんのためカラダを差し出す

新人声優がヤリチンから後輩ちゃんを助けるために一日浮気をする話

▼あらすじ
目指す声優プロダクションに合格した石川。
石川と同じく声優を目指す双子後輩、『れい』と『るい』の希望でヤリチン『櫻井』と気まずい会話を交わす中で、『白井』と付き合った方が良いと助言をもらう。

『白井』と付き合うことにした『石川』はデートを重ねいよいよ行為に挑むが、性器の小ささと行為の淡白さに性行為に疑問が生まれる。

そんなとき後輩の『れい』から櫻井とセフレの関係になり抜け出せないと、石川に相談をする。
自分の後輩に手を出され怒った石川は櫻井に感情をぶつけるが、そこで言われたのは

『一日浮気で連絡を切る』という交換条件

その提案を嫌々受けることにするが、待ち受けていたのは

『後輩ちゃんの学生服』
『後輩ちゃんと同じ髪型』
をさせられるという変態プレイ。

さらなる嫌悪感をあらわにするが、以前の行為で刻み込まれた『快楽』はうそをつけない。

次第に快楽に染まっていく石川を待ち受けているのは・・・

▼これまでのあらすじ
・オモチカエラレ1
声優を目指す『石川はるか』は声優に恋愛は必要ないと断言するストイックな少女。
しかし石川はスマホゲーで仲良くなった『白井』に想いを寄せていたのも事実。
そして同時に『白井』も石川のことを好きであった。

そんなある日学校の飲み会が開かれる。
そこで石川に接近したのはヤリチンのくせに早くも声優プロダクションに受かっている『櫻井』。
消極的で優しすぎる『白井』とは対照的に、巧みな話術と押しの強さと『お酒』の力で石川は判断力をなくしていく・・・。
そしてホテルに『お持ち帰られ』され淫らな夜を過ごしてしまうのだった・・・

・オモチカエラレ2
『あの夜』を石川はひどく後悔していた。

石川の憧れの声優と同じ声優プロダクションのオーディションが迫っていた。
それと同時に『あの夜』何があったのかを知らない白井は櫻井に先を越されるのではないかと考え、焦り石川に告白をする。
しかし櫻井のこともあり、『今はオーディションに集中したいからオーディションが終わったら改めて答えを出させてほしい』と保留。

オーディションに向けてストイックに日々を過ごす石川はストレスが溜まってきていた。
溜まったストレスを自慰で発散するが、『あの夜』の快楽に比べて物足りない・・・

そして明日にオーディションが迫る日、性欲もストレスも臨界点を越えていた石川にタイミングよく櫻井が近づき、石川は櫻井の自宅へと足を運ぶことに・・・

快楽に溺れる石川、大事なオーディションに遅刻するのかエッチを続けるかで石川はエッチを選んでしまう・・・すべてを失ったと思ったが時計がズレていたため助かったが・・・

●本編47p

巨乳エロ漫画 オモチカエラレ 声優志望清楚巨乳キスハメ寝取られ

モノクロ漫画38ページ

エッチじゃないページ:計13ページ
エッチなページ :計25ページ

【あらすじ】
ボクとキミは声優専門学校に通っていて、お互いを意識し合うが奥手で目が合って互いにドキドキする止まり。
同じクラスのヤリチンのアイツは、在学中に声優プロダクションと契約し女子からも人気なイケメン。
交流会という名の飲み会で、キミとアイツは声優の話で盛り上がる。
話についていけないボクは気まずくなって離席する。
目を離した隙に2人はいなくなっている。
メッセージも返って来ないし、まさか声優の夢に真剣なキミがアイツにお持ち帰りされるなんてあり得ないよね・・・。

…その頃、酒と上手い言葉とキスとで思考力を奪われホテルで・・・

★キス、ベロチュー、ディープキス表現多用

巨乳エロ漫画 オモチカエラレ2〜僕より夢、夢よりアイツのちんぽ〜

飲み会でお持ち帰りされた声優志望の石川は、「あの夜」のことを酷く後悔していた。
そして自分の目指す声優プロダクションのオーディションも迫っていた。
そのタイミングで白井から告白された石川の答えは、
「オーディションが終わってから答えたい」

しかし、石川はオーディションが迫るに連れ、プレッシャーは高まり疲労も蓄積。
ストレスは溜まり、毎日のように自慰行為をするようになる。
しかし、そんなに気持ち良くはない。
なんで…?

プレッシャー…ストレス…性欲…
それらが臨界点に達した時、ヤリチンがタイミング良く忍び寄り…
そして…

※オモチカエラレの続編です。