CATEGORY にゃん太

巨乳エロ漫画 よんのいち

■全53P 表紙+本編50P+表紙イラスト+あとがき

■夫の転勤で田舎に引っ越してきた人妻が、夫の職場の主婦友に頼まれたバイト先でガラの悪い青年達に寝取られるお話です。

■登場人物紹介

・伊藤 雪絵[いとう ゆきえ](29歳)
昔で言う箱入り娘だが、学生時代に恋愛もする普通の女の子。
初体験は大学1年の時に同じサークルの先輩と経験していて、セックスも好きな方で飲み会などでもたまにお持ち帰りされていた。
あまりに自由な娘を心配に思って両親が健一とのお見合いを取り付け、その流れで結婚している。
女も普通に性欲があるので、あまりしないと欲求が不満になるとの事らしい。

・伊藤 健一[いとう けんいち](36歳)
キャリア官僚で現在は地方の支所へ勤務している、世間一般では勝ち組と呼ばれるが、当然の如く激務であり色恋沙汰とは無縁だった為お見合いで雪絵と結婚している。
セックスレスではないと本人は思っているが、2カ月に1回程度の頻度ではレス気味と言わざるを得ない。

・団員達

やすゆき(29)
若くして禿げ散らかしてしまっている童貞ニートで、少女から熟女まで幅広い性癖を持つオールラウンダー。
本人は実家のコンビニをたまに手伝っているのでニートではないと豪語しているが、客観的にはほぼニートである。
三十路になる前に風俗に行ってSDT(素人童貞)になるか、魔法使いの称号を得るか真剣に悩んでいるらしい。まったくもってバカバカしい・・・。

びろちゃん(31)
やすゆきの先輩団員で、極度の匂いフェチ。
オイニー嗅がせてと女性に迫る様はまごうことなき変態だが、某大手金属メーカーの工場勤務で生産管理を行っている。

けんちゃん(31)
びろちゃんの同級生で子供のころに姉のパンツを嗅いだり、風呂を覗くなどの変態行為を繰り返し、そのたび姉からは包丁を振り回しながら追いかけられていた。

その他の面々(20代前半)

■あらすじ

本庁から転勤で糞田舎に来て半月・・・妻の雪絵には申し訳無いと思うが、転勤を断れば出世は不可能。この国は官僚天国なんて言うが、実際そうなんだけど中の人は意外と激務で上り詰めた奴だけが最終的に甘い汁を啜れるだけで、ドロップアウトすれば退職まで冷や飯だ。
なんとか実績上げて数年で本庁勤務に戻らねば・・・雪絵は今日もなんだかうずうずしながら誘ってくるんだが、明日から本庁に呼ばれてるからちょっと無理なんだ、ごめん・・・。
それにしても雪絵の奴、ノンキャリの奥さん連中とよく遊んでるみたいだけど、どうしたものか、駄目だと言っても聞かないだろうし・・・まあ早いところ本庁に戻るしかないか。
ああ・・・今日も疲れた・・・。
「おはよう。」
昨日、そっけない態度のまま眠ってしまったが怒ってないみたいだ。
最近疲れは取れないし勃起しにくくなっている気がするな、まさか勃起不全では無いと思いたいが。そうだ、本庁に行ったついでに精力剤と雪絵に似合いそうなコスプレ衣装?でも買ってみよう。
きっと雪絵も喜んでくれるだろう。

巨乳エロ漫画 僕の愛妻がNTR洋上クルーズ

■人妻がガラの悪いおっさん達に洋上クルーズで寝取られるお話です。
全36ページ(表紙+本編34頁+あとがき)

■登場人物紹介

・小山 雨音[こやま あまね](31歳)
個人病院の門前薬局で医療事務として働いていている小柄で童顔の人妻。その見た目とは似つかわしくない凶悪なおっぱいの持ち主で、患者や薬剤師からセクハラまがいの言動を受けている。
奥手な性格で夫の尚志とはお見合い結婚だが、特に不満も無く日々をのほほんと過ごしているが、最近は性欲を持て余すことがままあり、たまにレディコミを読んでうずうずを解消している。

・小山 尚志[こやま なおし](35歳)
地方公務員で現在は外郭団体へ出向している、今の時代では勝ち組の部類かも。
そんな彼だが最近は仕事のストレスからか妻と喧嘩することも多くなり、元来性欲が薄いこともあってかセックスレス気味になっている。

・山口 達夫[やまぐち たつお](43歳)
地方の総合建設会社「(株)カネヤ」社長。
先代から会社を引き継いだ所謂2代目社長、元請け工事だけでなく運輸や下請け工事も行っており、国が推し進めるICT建機を用いた工事施工をいち早く取り入れ、大手ゼネコンなどの下請けでかなり儲かっている模様。
当然のことだが、建設業界の常として従業員には還元していない。
地元議員のパーティーにもよく出席しており、そこで仲良くなった悪い仲間たちとクルージングをするのが最近のマイブームらしい。

■あらすじ

今日は妻の雨音と地元に新しくできた大型ショッピングモールに来たけど、やけに馴れ馴れしいおっさんに話しかけられた。
雨音が言うには職場の薬局に来る患者さんらしいが、旦那の俺がいるのにベタベタボディタッチしている・・・なんだアイツ。
「面倒な患者さんだから邪険にも出来ないよぉ。」
天音がそう言うもんだからそれ以上は言えなかったけど、正直あまりいい気はしないというかムカつく。
そんな事があった数日後、その患者が家にまで来た・・・アサリだか魚が沢山とれたからお裾分けだとか言ってたが迷惑すぎるし、何の仕事してるか知らないが品のない高級外車を見せつけて来るは、しまいには俺がいるのに雨音をドライブに誘ってる。
どうかしてる・・・。
週末は会社の飲み会があるらしく出かけて行ったが、いつもなら俺が迎えに行くのだけど、その日は遅いなと思っていたらそのムカつく患者の高級外車で送られて来た。
いつもは殆ど飲まないのに、かなり酔っぱらってる様に見えた。
さらに、明日はそのムカつく患者の所有するクルーザーでマグロ釣りに行くとか抜かしている!
駄目だといっても、製薬会社の専務や職場の上司なども参加するから断れないんだと。医療事務なのにそんなの付き合わなくてもいいだろと思うんだが・・・。
そんなこんなで結局喧嘩っぽくなってしまって、今は一人家で天音の帰りを待ってる・・・。
民間だとそういう付き合いも有るのか分からないけど、帰ってきたら言い過ぎた事を謝るのと、やはり心配だからそういった事はきちんと断ってほしいと伝えよう・・・。
ガチャッ。
「ただいま。」
帰ってきたみたいだ・・・。

巨乳エロ漫画 僕の愛妻がNTR婦人科検診

■あらすじ

妻の桜と夕食を取り一息がてらに携帯ゲームで遊んでいると、片づけを終えた桜がなにやら書類を手にため息をついている。
どうやら先日行った健康診断の結果が思わしくない様で、婦人科で再検査みたいだ。
血液検査の結果が悪いだけらしいので、急を要するわけではないし時間の取れる時に女医の産婦人科に行くように提案したがどうやら心配ですぐに行きたいらしい。
偏見かもしれないが、男性の産婦人科医にまともじゃあ無いと思ってしまうし、桜の体をまさぐられるのも凄く嫌だ・・・自分にそう言った癖は無いと思う。
まあ、心配性の彼女の事だからすぐに行ける病院を探して行ってしまう気がしてならないのだけど。
「じゃあ、今日病院寄ってくるから先にご飯たべててね。」
やはりというか、夜までやってる婦人科を見つけたらしく、仕事帰りに受診してくるようでしかも女医さんの病院ではないっぽい。
まあ、官能小説やアダルトビデオの様な展開がリアルに起こるとは思ってないけど、
ちょっと心配しちゃうのは男の性なのか。
妻が寝取られる変な展開を妄想してちょっと勃起した自分が情けない・・・。

桜を信じて送り出した雅史だったが、婦人科検診で何も起こらない訳もなく。
乳房の触診に始まり、乳房のエコー、双合診(膣内触診)、経腟超音波検査、クスコで腟を広げての視診と次々とハラスメントを含んだ検査が行われる。
桜はおかしいと思いながらも言い出せず我慢してしまうが、普段ならあり得ないがどうしてなのか、次第に体が火照ってきてしまう・・・。

■登場人物紹介

・丹伊田 桜[にいだ さくら](29歳)
結婚前は総合病院で病院薬剤師をしていたが、結婚を機に自身の親が経営する調剤薬局で働き始めた。
お嬢様育ちで見た目がきつそうに見えるため取っ付きにくいが、実は人に頼みごとをされると断れない性格で騙されやすい。
小さいころから発育が良く巨乳だったが、結婚してから運動不足でぽっちゃりしだしてからさらに胸が大きくなり、肩こりに悩んでいる。

・丹伊田 雅史[にいだ まさし](31歳)
田舎の零細土建会社「(有)丹伊田組」の跡取りだったが、景気の影響と人手不足により跡を継ぐことなく、会社は解散。
修行を兼ねて、地元の総合建設会社で監督として働いていたが激務により精神を病んでしまい退職しその後、建設資材リース会社で働いている。
真面目で優しい普通のサラリーマンだが、性欲はあまり強くない。

・森野 浩[もりの ひろし](43歳)
森野クリニック院長、分娩は行っておらず婦人科専門だが夜9時まで開院している。
国立病院の教授ともパイプを持つ腕利きの医者だが性欲が強すぎて、患者にハラスメント行為を行ってしまう事が多々あるが、何故か訴えられたことは無い。
匂いフェチで本人曰く「女性の局部のオイニーを嗅ぐために医者になった。」のだそう。